有限会社福田グリーン農園

茨城県かすみがうら市(旧 千代田町)都心に近い美味しい果樹園「福田グリーン農園」

農園紹介

農園紹介

概要

社長

称 号 有限会社 福田グリーン農園
連絡先 TEL:0299-59-3251
FAX:0299-59-5466
メールフォーム
住 所 〒315-0067
茨城県かすみがうら市下佐谷777
観光農園設立 昭和46年
敷地面積 約7万平方メートル
加盟団体 千代田果樹観光協会連盟
代表者名 福田美保


事業内容

外観

梨・巨峰・柿・栗・バーベキュー場・特産物販売・梨狩り、ぶどう狩り、栗拾い、柿狩りを楽しめます。
おふくろの味の栗赤飯やバーベキューが好評です。
田舎ののどかさや安らぎを感じられる農園です。
施設は、身障者トイレ、バーベキュー場、売店等。
当園では、高齢者や身障者にやさしい施設作りをしております。
当園では、段差をなくし、トイレの整備もしており、バリアフリーで高齢者や身体障害者の方々にもやさしい施設作りをしております。


福田グリーン農園の歴史

福田グリーン農園の歴史

かすみがうら市(旧千代田町)下佐谷の福田家の墓地には「安永の一揆」の指導者・福田与惣左衛門助六の首塚(墓)がある。
現在のかすみがうら市(旧千代田町)は、江戸時代には旗本・本堂氏の領地となっていた。本堂氏には大名に準ずる格式が与えられていたが、石高がそれに伴わず農民に過重な年貢や雑税を課す一方で、稲吉宿(同市下稲吉)の助郷役の負担も課したため、農民はたびたび一揆を起こした。


助六の首塚

1773年(安永2)には助郷役どころか年貢もままならないという状態から、稲吉宿では他領の村にも加助郷を実施するよう幕府に願い出た。結局、他領26カ村で200両の金を集め、その利子で稲吉宿が加助郷分の人馬を雇うことになったが、この200両は本堂氏によって取り上げられてしまい、これが一因となって1778年(安永7)に「安政の一揆」が起こる。

 

同年12月、各村に懸札が掲げられ、それに呼応して25カ村の農民が嶋木原(現、四万騎原)に集結した。懸札をしたのは下佐谷村(同市下佐谷)の名主総代・助六、上佐谷村(同市、上佐谷))の六郎治、高倉村(同市、高倉)の庄右衛門の3人で、彼らが中心になって13カ条の要求を本堂氏に提出したが拒否されたため、本堂氏の江戸屋敷へ強訴を掛けた。このため指導者のほとんどが逮捕されたが、助六だけが翌年の9月16日に打ち首獄門となり、街道筋に首がさらされた。たまたま通りかかった水戸藩主による「惜しい人を亡くした。首は福田家が引き取り、菩提寺で弔うように」とのお達しで首は実家に戻ることができた。
この一揆は助六の名をとって「助六一揆」とも呼ばれ、一人犠牲となった助六の霊を弔い、その遺徳を後世に残すため農民たちは閑居山(同市上志筑)の中腹に「助六地蔵」を建立した。


ご来園お待ちしております

電話番号

受付時間:9時~18時
お問合せフォーム
アクセス情報

〒315-0067

茨城県かすみがうら市下佐谷777

イバラキケン カスミガウラシ
シモサヤ

(旧)千代田町

TEL:0299-59-3251

土浦北ICより15分、駐車場は大型バス6台、普通自動車50台
ナビタイム地図表示
アクセス情報

ページトップ